温むすびのスタッフブログです♪新潟からお届けしてま~す♪

*

2つの腹巻、比較しました♪

      2018/07/25

この記事を共有するShare on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on LinkedIn0

こんばんは~ 温むすびのたかはしです♪



すっかりスタッフブログではゴブサタしております(‘-‘*)


ブログでは新人★わたなべにすっかり水をあけられておりますが、

暑さに負けず、新勢力にも負けず、持ち前の生命力で

このたび舞い戻ってまいりました!!





春夏シーズンに腹巻を積極的に販売している温むすびですが、


「この暑い時期に腹巻!?」


とおっしゃる方もいらっしゃいますよね~(・・;)




まぁ、私たちのいる新潟県もなかなかの暑さ・・・

そして梅雨明けしていないため、毎日ジメジメとした陽気・・・



そんな夏でも腹巻を温むすびがおすすめする理由を、

2つの腹巻を比較しながら、ひも解いてゆきましょう~!!




ちょっと長めの内容になっておりますので、お時間のある時に

お付き合いくださいませ~!!




まず、平置きしたカタチはこのようになります。
haramaki1

おなかありがとうといえば、締め付けないのに生地がたるみにくい、程よいフィット感。

そのヒミツは、「成型編み」という特殊編みができる機械で編んでいること。

この通り、くびれに沿ったカタチが実現しました!

対して、シルクすっきりフィット腹巻は、下腹部に向かって広がるカタチに。




そして、抜群の伸縮性でコチラもおなかにピタッと寄り添う着け心地です♪

ちなみに、おなかありがとうのすそは、足さばきでめくれ上がりにくい波状に
onaka2

シルクすっきりフィット腹巻は、このようにラウンドしております。
silk2




厚み感はというと、
haramaki2

わかりますでしょうか?




おなかありがとうはふっくら、

シルクすっきりフィット腹巻は薄手

実はこの2種類の腹巻、役割がちょっと違います!!




おなかありがとうは、通年でお使いいただくための保温力

シルクすっきりフィット腹巻は、夏場の汗冷えを防ぐための吸湿力

その違いが厚みに表れております。




素材の共通点は、天然素材をたっぷり使っている点です☆彡

シルクすっきりフィット腹巻は、暑い時期でもお使いいただけるよう

汗を吸収・発散する能力の高い、シルクがたっぷり65%!

肌側のこのタオル編み部分は、シルク100%の糸で編まれており、グングン汗を吸収し、

冷房の風にあたってヒヤッとする、あのイヤーな感じを防いでくれます。
silk1





対するおなかありがとうは、シルクが17%、綿が65%入っており、

汗ケアをしつつ、保温力も高い仕様となっております♪

さらに、“おなかハートライン”で編み分けられております!
onaka1
おなかありがとうをひっくり返しています。




大事なところはふっくら編みで保温、

サイドはメッシュ編みで汗ムレしにくく編み分けており、

これも特殊な編機がなせるワザなんですよー!!




では最後に、9号(Mサイズ)のボディに着せてみましょう!

まずは、おなかありがとうです~
onaka3

“おなかハートライン”のメッシュもこのような感じです
onaka4





次に、シルクすっきりフィット腹巻です~
silk3

サイドとすそにヒミツがありまして、このようにグイーンと伸ばすと
silk6

夏にピッタリのメッシュ編みで、ムレにくい仕立てとなっております!




駆け足で参りましたが、まとめますと、、、



1年を通して使える腹巻をお探しだったり、より保温力をお求めなら、

おなかありがとう



汗をかいたあと冷房で冷やしてしまうなど、夏特有の冷え対策にお探しなら、

シルクすっきりフィット腹巻

がそれぞれおすすめです♪




汗をかくほど暑い夏、実は体の冷えに鈍感になりがちです。



冷たいものを飲んだ後、体は暑くても、おなかを触るとヒヤッとしていたり、

寝ている間に冷房で冷やしてしまったり、

ご自身の汗が冷やしてしまったり・・・




得におなかは、冷えから守らなければいけない大切な場所。

すこーし敏感になっていただけたら幸いです☆彡



今日も最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(._.)m

今週もあと少し!暑さに負けず、元気に行きましょう~!

 - キャンペーン , , ,